研修プログラムの特徴および目標

 

特徴管理型臨床研修病院としての研修を行う。プライマリーケアに対応するために、プログラムは経験目標に定められた必要項目を2年間に確実に達成できるような内容にした。自由選択期間を活用し、自主性のある研修を行えるプログラムとなっている。

研修理念の具現のための到達目標

高潔な人格を備え、医師に対する社会の要求と を十分に認識し、専門性にかかわりなく、日常的疾患・病態に対応する、いわゆるプライマリーケアの能力(態度・技能・知識)を持つ医師になる。

行動目標の概略

  • 本院医師として、必要な各種取り決めを知るとともに、各種オーダー方法や各診療科支援組織の利用等、基本的病院機能利用法を修得する。
  • 受け持ち医として、指導医の下に診療を行う。
  • 一定期間の研修後から、副当直医として救急医療に必要な諸検査の実施法を学びながら救急患者への対応能力を修得する。
  • 救急医療は、研修中に秋田赤十字病院救命救急センターで1ヶ月の研修を行う。
  • 各診療科の研修にあたっては、将来、選択した専門性に関わらず、一般的一次救急患者に対応可能にし、かつ、その診察後に、必要に応じて各領域の専門医に、患者を的確に紹介できる能力を修得する。
  • 研修2年目の自由選択研修期間を有効に活用して、自主性のある研修を行う、なお研修医は、プログラム責任者と相談の上、当院における全ての診療科での研修が可能である。
このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.