目標・特徴

 

目標

仙台市南西部の中核病院として、高度急性期・急性期病院である当院を基幹施設とし、連携施設・特別連携施設とで内科専門研修を経て、地域の医療事情を理解し、実情に合わせた実践的な医療が行えるよう、基本的臨床能力獲得後は内科専門医として日本を支える内科専門医の育成を行う。

 

特徴

(1)柔軟性に富んだローテート研修

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 仙台赤十字病院での研修
2年次 仙台赤十字病院での研修 自由選択(※)
3年次 自由選択(※)

※自由選択期間のうち原則1年以上は連携施設で研修する。

【連携施設】
東北大学病院、独立行政法人労働者健康安全機構 東北労災病院
東北医科薬科大学病院、石巻赤十字病院

【特別連携施設】
独立行政法人国立病院機構 仙台西多賀病院、一般財団法人広南会 広南病院

 

(2)三次救急施設の受け皿として、地域で必要な高度で緻密、かつ濃厚な診療を提供

(3)充実した設備の元で研修

※図書スペース、映像資料の閲覧席、PC端末(電子カルテ端末)、ミーティングエリア、シャワー・トイレ完備の当直室(7室)等

 

(4)日本赤十字社の使命に基づいた医療救護活動の展開

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.