研修プログラム

 

ローテーション例

1年目

4週 24週 4週 4週 4週 4週 8週
オリエン
テーション
仙台赤十字
病院
内科
仙台赤十字
病院
外科
仙台赤十字
病院
小児科
仙台赤十字
病院
産婦人科
仙台赤十字
病院
麻酔科
仙台赤十字
病院
選択科目
仙台赤十字
病院

 

2年目

4週 4週 4週 40週
地域医療
各地域医療施設
救急
秋田赤十字病院
精神科
宮城県立
精神医療センター
選択科目、保健・医療行政
仙台赤十字病院または
関連施設
  • 臨床研修分野として、内科(総合内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・腎臓内科・血液内科)(24週以上)、救急(12週以上)、地域医療(4週以上)、外科(4週以上)、小児科(4週以上)、産婦人科(4週以上)、精神科(4週以上)、一般外来(4週以上)、麻酔科(4週以上)が必修である。
  • 救急部門の12週のうち4週は、日中に連続して研修を実施し、4週は麻酔科、残り4週については当院の2年間に実施する当直研修を4週分として充当する。
  • 沖縄県南部医療センター・こども医療センターの救急の研修は選択とする。
  • 東北大学病院の研修(循環器内科、腎・高血圧・内分泌、神経内科、心臓血管外科、放射線治療科、救急部)は選択とする。
  • 選択科目については、内科・外科・整形外科・小児外科・小児科・産婦人科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・眼科・皮膚科・放射線科・麻酔科・救急を研修する。なお、到達目標に未達成がある場合は、到達目標達成のために必要な診療科を割り当てることがある。
  • 当院は高齢者医療への対応を目的として整形外科の選択をおすすめしている。
  • 地域医療は、清水赤十字病院、大波医院、くまがいクリニック内科・消化器科、森元クリニック内科・消化器科で研修を行う。
  • 保健・医療行政は、仙台市太白区保健福祉センター、宮城県赤十字血液センター、健診センターで研修を行う。
  • 研修協力施設での研修は最大12週とする。CPCは仙台赤十字病院で実施する。

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.