眼科

眼科は、日本眼科学会専門医研修指定病院として、地域の方々の、当科領域全般にわたる診療を行っております。

 

小児眼科

NICU・小児医療センターとの緊密な連携のもと、未熟児網膜症の診察をはじめ、乳児期の涙目、さかさまつ毛の治療、幼児期から学童期の視力検査、斜視検査、視能訓練を視能訓練士の協力のもと行い、良好な両眼視の達成を目指し、長期にわたり経過観察を行っています。
小児の診察や検査には、視力検査一つとっても検査に時間がかかり、また、検査そのものも困難な場合があるため、診断も難しくなりがちですが、豊富な経験を持つスタッフがそろっており、正確に診療できます。

 

白内障

軽症の場合、点眼による経過観察が主体になりますが、進行し日常生活に不自由が生じれば手術を行います。手術は、従来の半分以下の切開で行うことができるようになり、術後乱視を減らすばかりでなく、感染のリスクも軽減できるようになってきています。術前に患者さんそれぞれの眼の状況やご要望を的確に把握し、それに応じたテーラーメイド白内障手術を行っております。

 

緑内障

病型、病期、年齢、視神経所見、視野障害の進行度などに合わせた目標眼圧を設定し、眼圧変動の詳細な経過観察を行い、個々の患者さんに適切な点眼・手術などを選択しております。

 

糖尿病網膜症や血管閉塞など網膜硝子体疾患

蛍光眼底撮影などで病態を把握した上で、網膜光凝固などのレーザー治療を行い、それでも軽快が見込めない場合は、手術を施行することになります。糖尿病外来・高血圧外来・血液外来・循環器外来・腎センターなどと連携のもと、治療をすすめています。加齢黄斑変性など特殊なレーザー治療が必要とされる疾患では、他施設への紹介を行っています。

 

ぶどう膜炎

原因疾患の特定を行い、治療を行います。全身疾患に伴う眼病変も多く、 内科外来・呼吸器外来などと連携して診療にあたっています。

 

視神経症

CT/MRIなど画像診断で原因を確認し、それに沿って治療方針を立てます。
神経内科・耳鼻科・小児科・口腔外科など他の診療科との関連が深く、連携して診療にあたっています。

 

外来診療日

【外来受付時間】

再来機受付時間   7:00〜11:00(月〜水、金)/7:00〜10:30(木)
(※保険証確認は7:45から行います)
新患受付時間   8:00〜11:00(月〜水、金)/8:00〜10:30(木)
基本的に予約制となっておりますので、診療の際は各科までお問い合わせ下さい。

休診のお知らせはこちら

外来担当医

 
午前 愛川 弘子 愛川 弘子 愛川 弘子 愛川 弘子 愛川 弘子
  大学応援医師 大学応援医師    
午後 予約の外来 検査 予約の外来 検査 予約の外来
  • 健診センターは、月曜日から金曜日の午前中のみ受付いたします。
  • 手術等により担当医師が変更する場合がありますので、ご了承下さい。
  • 臨時の手術により午後の診療を変更する場合がありますので、ご了承下さい。
このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.