平成29年度 仙台赤十字 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1545 288 259 375 285 395 694 960 775 232
この指標は、平成29年4月から平成30年3月の1年間に当院を退院した患者さんの年齢を10代ごとの階級で示しています。当院は、総合周産期母子医療センターのNICU(新生児集中治療室)やGCU(新生児回復室)、小児病棟を有するため他院に比べて10歳以下の患者さんが多いことが特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 238 6.2 6.03 0 2.17
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 174 5.97 5.94 0 1.7
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 116 6.41 6.32 0 4.22
100380xxxxxxxx 体液量減少症 82 4.55 9.16 0 3.29
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 66 5.27 5.5 0 2.39
当院では、DPC/PDPS(診断群分類包括支払制度)の参加病院です。この制度は入院中の病名・手術・処置などの組み合わせで14桁のDPCコードを決定し、そのコードごとに1日当たりの支払い点数が決定する支払方法です。この指標は、診療科ごとに上位5位までのDPCコードの患者数・自院の平均在院日数・全国の平均在院日数・転院率・平均年齢を集計したものです。DPCの名称には主な病名、手術、処置が表示されています。

小児科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。体液量減少症は、脱水症のことです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 164 26.02 23.14 1.22 66.82
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 60 15.02 11.41 0 34.42
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 54 17.31 13.94 0 50.43
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 48 38.94 27.09 12.5 82.06
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 39 23.77 25.09 0 74.59
整形外科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
当院は、下肢を中心とした診療を行っています。手術などの急性期治療終了後は地域包括ケア病棟へ転棟し、在宅復帰に向けたリハビリや治療を継続する患者さんが多くいます。そのため、平均在院日数は長くなっていますが、転院率は減少しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 46 9.72 5.71 0 68.04
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 43 12.58 6.23 0 52.49
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 8.1 7.4 4.88 61.66
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 9.86 8.98 2.86 74.74
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 19 5.53 6.64 0 56
外科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
鼠径ヘルニア手術の症例は、平成29年度では短期滞在手術等入院基本料3の対象となるためこの指標では除外となっています。
総合内科・腎血内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130080xx97x00x 再生不良性貧血 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 3.63 12.12 2.86 84.11
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 14.75 12.23 0 73.17
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 24.41 17.71 0 88.53
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 17 7.94 5.15 0 61.76
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 12 27 22.12 0 59.17
総合内科・腎血内科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
この指標は、2つの診療科の合計となっています。
腎血内科の経皮的シャント拡張術・血栓除去術の症例は、平成29年度では短期滞在手術等入院基本料3の対象となるためこの指標では除外となっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 42 3.02 3.59 0 69.81
040190xx99xxxx 胸水、胸膜の疾患(その他) 手術なし 21 24.95 16.46 14.29 72.86
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 21 34.33 19.65 0 76.62
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 17.18 20.83 17.65 75.88
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 17 12.59 15.12 0 84.76
呼吸器内科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
肺炎は重症度によって診断群分類が変わります。平成29年度は終夜睡眠ポリグラフィーの症例は短期滞在手術等入院基本料3の対象となるためこの指標では除外となっています。
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 157 8.62 6.18 1.27 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 120 15.67 11.49 0 0
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 2あり 23 34.96 27.18 0 0
140010x497x4xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1000g未満) 手術あり 手術・処置等2 4あり 10 135.1 126.52 0 0
140010x497x3xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1000g未満) 手術あり 手術・処置等2 3あり - - 69.85 - -
新生児科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
新生児科の診断群分類は出生体重ごとに分類されます。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない診断群分類です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 52 8.96 7.64 0 71.54
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 31 9.06 12.34 0 69.45
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 27 8.41 8.94 3.7 67.74
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし 25 7.48 14.59 16 80.68
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 17 6.18 11.31 0 76.06
泌尿器科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
前立腺針生検の症例は、平成29年度は短期滞在手術等入院基本料3の対象となるためこの指標では除外となっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2 なし 74 34.42 31.42 0 31.46
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 50 26.86 20.41 24 31.38
120140xxxxxxxx 流産 44 2.07 2.43 0 35.05
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 22 8.64 9.91 0 44.64
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 20 11.8 12.02 0 32.8
産婦人科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
「早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし」の転院率が24%と高くなっています。これは、切迫早産などの治療のため当院へ紹介や搬送されて入院した患者さんが、経過が順調で、もともと分娩予定だった施設で分娩をするため転院となった症例が多数あるためです。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 24 6.08 5.5 0 52.21
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 23 7.57 2.68 0 66.04
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 15 3.47 3.02 0 78.33
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 14 7.07 7.21 0 73.21
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 13 10.62 8.73 0 76.85
消化器内科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の症例は、平成29年度では短期滞在手術等入院基本料3の対象となるためこの指標では除外となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 3.58 3.03 0 74.04
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 32.31 17.71 10.91 81.53
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 6 4.62 7.14 73.71
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 11 21.45 15.87 0 73.73
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.21 - -
循環器内科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない診断群分類です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 70 8.99 8.01 0 12.74
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 24 6.75 5.48 0 31.46
030428xxxxxxxx 突発性難聴 23 6.57 9.18 0 56.87
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 7 5.15 0 59.64
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.84 - -
耳鼻咽喉科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない診断群分類です。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり - - 3.26 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.39 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 4.86 - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - 8.33 - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.98 - -
小児外科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
症例が多い、鼠径ヘルニア手術の症例は、平成29年度は短期滞在手術等入院基本料3の対象となるためこの指標では除外となっています。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない診断群分類です。
糖尿病代謝科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 14 23.36 14.27 0 49.64
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 10 20.8 15.63 0 70.2
100071xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 12.49 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 - - 11.16 - -
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 - - 15.87 - -
糖尿病代謝科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない診断群分類です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 12 10.42 11.73 0 72.25
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.14 - -
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1 なし - - 4.04 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 8.5 - -
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1 なし - - 17.95 - -
皮膚科の平成29年度、診断群分類の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない診断群分類です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 - - - 13 - 1 7
大腸癌 16 13 18 - 18 - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - 46 - 1 7
肝癌 - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
この指標は、平成29年度に5大がんの治療や検査を目的として当院に入院をした患者さんの、がんのStage分類状況です。
肺がんのStage不明については、「肺がん疑い」として、がんが確定していない状況での気管支鏡検査入院の症例のため、Stageが不明となります。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たないStageです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 22 8.86 56.86
中等症 62 16.37 78.31
重症 21 20.14 85.19
超重症 - - -
不明 - - -
この指標は、平成29年度で成人市中肺炎の入院における重症度を示しています。
肺炎は、年齢・脱水・SpO2・意識障害・収縮期血圧の5項目、各1点の合計点数で重症度を表します。
重症度が高くなると、入院期間も長くなる傾向があります。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない重症度です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -
当院では、脳梗塞症例が少ないため、すべての項目において10症例に達していません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股・膝・肩) 等 217 2.55 22.35 0.92 68.34
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 37 3.76 29.14 10.81 78.51
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 等 36 1.25 8.36 0 42.33
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 33 1.61 5.55 0 50.94
K0801 関節形成手術(膝) 29 1.17 14.28 0 26.62
整形外科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
K0821の人工関節置換術では、股・膝・肩の部位がすべて同じコードとなります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68 2.41 6.47 2.94 60.71
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 48 1.48 2.96 0 71.21
K7434 痔核手術(脱肛を含む。) 根治手術 等 46 1.87 6.96 2.17 66.37
K7462 痔瘻根治手術 複雑なもの 等 41 1.73 8.93 0 50.98
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 17 1.06 3.06 0 68.65
外科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 227 1.11 4.11 0 68.82
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 17 1 4.88 0 72.82
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 15 1 4.27 6.67 64.87
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 15 1.4 8.2 0 76.87
K654 内視鏡的消化管止血術 11 0 11 0 67.64
消化器内科の平成29年度、手術の件数上位5位までのを集計したものです。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 等 72 9.79 7.17 1.39 31.75
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 51 25.57 7.22 0 32.37
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 37 0 1.03 0 34.92
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 等 19 2.95 6.95 0 42.11
K867 子宮頸部(腟部)切除術 16 1 1 0 38.56
産婦人科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 65 1.83 7.25 3.08 72.2
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 32 0.47 5.56 12.5 79.03
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 等 13 3.85 4.23 0 76
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 12 2.33 12.17 0 66.25
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 等 11 2.55 9.36 0 71
泌尿器科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 69 9.16 1 0 2.83
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 等 - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 等 - - - - -
小児外科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です。
総合内科・腎血内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 52 2.9 4.75 3.85 73.17
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 15 8.93 19.33 13.33 69.2
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
総合内科・腎血内科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
この指標は、2つの診療科の合計となっています。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K370 アデノイド切除術 34 1 7.06 0 8.18
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 等 28 2.5 7.71 0 20.75
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 16 1 3.19 0 5.38
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
耳鼻咽喉科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です。
新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 21 0 88.95 0 0
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) 11 22.45 118.18 0 0
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
- - - - - - -
新生児科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 18 1.72 5.11 0 2.06
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 17 19.41 17.24 0 9.88
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 - - - - -
小児科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 13 3.31 2 0 74.23
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -
- - - - -
循環器内科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 等 - - - - -
K747 肛門良性腫瘍、肛門ポリープ、肛門尖圭コンジローム切除術 - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 - - - - -
皮膚科の平成29年度、手術の件数上位5位までを集計したものです。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 79 1.36
異なる - -
この指標は、全退院患者さんに対して、DIC(播種性血管内凝固症候群)・敗血症・術後の合併症が、入院中の医療資源を最も投入した病名となった患者さんの割合を示しています。入院の契機となった病名と医療資源を最も投入した病名が同一の場合は、他院からの転院や、すでに発症してからの入院だと推測することができます。また、入院の契機となった傷病名と最も医療資源を投入した病名が異なる場合は、入院中に発症した病態と推測できます。
「180040の手術・処置の合併症」の件数が多くなっていますが、人工関節のゆるみ・感染、透析用シャント閉塞がこの分類となっており、今回入院中の手術での合併症ではなく、過去の手術後のメンテナンスや再置換などを目的として入院となっているケースが集計されています。
※-(ハイフン)については、年間10症例に満たない症例です。
更新履歴
平成30年9月
平成29年度病院指標を更新しました。