院長ごあいさつ

院長 北 純

 新年度を迎え、皆様新たな気持ちで日々を送られていることと存じます。
 3月末に13年間院長を務めて参りました桃野哲先生が定年で退職いたしました。後任に私が院長に就任しております。この数年、日本中のほとんどの病院グループが赤字運営となっている中ですが、多くの皆様とお話しし、情報を交換して、現在にふさわしい医療を目指して参りたいと考えております。どうぞ宜しくお願いいたします。

当院の理念と目指す医療

当院の理念は「人道博愛に基づいて医療を行い、全ての人の尊厳をまもる」ですが、これは日本赤十字社の使命とほぼ同義です。そのもとにあるものは「1人の人を大切にする」、目の前にいる人に愛情を持ち、隣の人を大切にする考えです。この理念のもと、当院は地域医療と高度専門医療、災害医療を担当しております。地域医療では高度急性期医療から在宅医療、終末期医療まで、三次救急のような超高度急性期医療以外を担当して参ります。高度専門医療は現在、総合周産期母子医療センターを中心とした周産期医療、整形外科の小児から高齢者までを対象とした骨関節外科、消化器外科など内科系も含め診療各科は専門性の高い診療を行っています。

めざす医療の実現のために

各診療科がその専門領域を広く勉強し、患者さんに最新、最適な医療を行いたいと考えています。医療者の教育(育成)においても大きな貢献ができるよう努力し、職員の研修に力を入れ、院内のあらゆる部署で知識、技術、システム、思考の向上を図って参ります。

医療・福祉連携について

当院は地域の急性期の患者さんを診療する病院です。病診連携により地域の診療所や病院と、さらには福祉施設とも連携して、患者さんに対応して参ります。支障なく予約、受診、検査、入院、退院とすすむように地域医療連携室を中心に対応して参ります。

地域包括ケア病棟の開設

3月から、地域包括ケア病棟を開設しております。患者さんには退院に向けて十分な準備をして退院できることになりますので、これまで以上に安心して治療が受けられることと思います。
 今後、職員が一つになって、皆様のお役にたてるよう努力して参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

平成29年4月28日

患者さんへ

 

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.