基本方針

基本方針は、理念を実現するための具体策で、本院の使命、役割や医療における基本的姿勢などを示すものです。全ての職員が基本方針をよく理解し、各事項の達成のための行動目標と戦略を設定し、実行すべきものです。同時に、基本方針は、院外の方々が本院を理解、評価し、利用者として本院を選択される際の有用な情報でもあります。

1.総合的な診療、特殊性のある診療、災害救護活動等を通じて地域に貢献します。

本院の持つ機能、地域における位置付けを述べています。
本院は、殆どの診療科を設置して、総合力をもち、日常的疾患の全てに対する標準的、総合的な医療を、周辺の医療施設と連携しながら、地域の方々に提供しています。同時に希な病気、治療困難な病態に対して、各診療科やセンターは、多数の重点的診療事項をもち、また、赤十字本来の災害救護活動能力も備えており、これらの特殊性ある診療能力を広く県内外の方々に提供しています。

2.患者さんの諸権利を尊重し、的確な説明の後に同意を頂いて診療します。

本院の患者さんへの対応の基本的姿勢を述べています。
患者さんの諸権利の尊重とインフォームドコンセントの実施を重視しています。

3.根拠に基づいた医療を、正確、誠実に行います。

「根拠に基づく医療」を目指す。また、医療事故、医療過誤を起こさないように安全正確な医療を行い、事故・過誤が起きてしまったら、誠実に対応する姿勢を示しています。さらに、病気には専門職として強く立ち向かうが、病む人には、同じ人間として、その苦しみを共有する気持ちで医療を行うようにします。

4.日々研鑽を積み、高度な専門知識と確実な医療技術を身につけます。

職員が研鑽を積み、よりよい医療を提供する姿勢を述べています。 職員は常に研鑽を積み、明日は今日より優れた医療を提供できる
ように、レベルアップする努力を続けます。

5.患者さんはじめ地域の皆様方のご意見を尊重して、病院の改善に努めます。

病院外部の意見・評価を尊重し、病院の持続的発展・改善を目指す姿勢を述べています。
病院利用者の声、投書などの苦情、第三者評価を尊重し、改善につなげる努力を持続させます。

6.全職員が協力して、安全な管理と、健全な運営を目指し、働きがいのある病院にします。

職員の尊厳をまもり、病院を維持発展させる意思を述べています。 全職員が良好なコミュニケーションのもとに協力し、自分達の病院として安全に管理し、健全に運営して、働きがいのある病院にします。

 

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.