初診時特定療養費について

当院では、初診の患者さんから
『初診時特定療養費 3,240円(税込)』
をいただいております。

当院で初診扱いになる場合

  • 当院の各診療科を初めて受診される方。
  • 当院の歯科口腔外科を初めて受診される方、もしくは歯科口腔外科以外の科を初めて受診される方。
    (歯科と歯科以外の科は、健康保険法上は別の取扱いとなるため、歯科口腔外科と歯科口腔外科以外の科を初めて受診した場合、それぞれ初診時特定療養費をいただいております)
  • 診療費の間隔が6ヶ月以上開いて受診される方。
    (慢性疾患で受診されている方が異なる病気で受診される場合は、2年以上開いている場合に初診となります)
  • 病気が医師の診断で「治ゆ」となった後に再び受診される方。

※上記に当てはまる方は、当院の診察券をお持ちでも「初診時特定療養費」をいただいております。

また、初診であっても下記にあてはまる場合は「初診時特定療養費」をいただいておりません

  • 他の医療機関からの紹介状を持参された場合
  • 救急車での来院等、緊急の場合
  • 公費の医療券(生活保護等の医療券)をお持ちの場合
    (公費であっても、「老人保健医療受給者証」「高齢受給者証」「乳幼児医療費受給者証」
    「母子家庭等医療費受給者証」は特定療養費の対象となり、初診時特定療養費をいただいております)

※初診時特定療養費とは?

病院と診療所の機能分担の推進をはかるために国が定めた制度で、200床以上の病院は、紹介状を持たない初診患者さんから、初診時特定療養費を徴収出来るというものです。

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.