認定看護師

 認定看護師は、5年以上の実務経験があり、6ヶ月の認定看護師教育課程を修了し、日本看護協会の認定試験に合格した者に与えられる資格です。専門看護師同様、専門性の高い看護師として各領域で組織横断的に活動し、実践、指導、コンサルテーションの役割があります。
 現在当院では、がん化学療法看護2名、感染管理1名、皮膚・排泄ケア3名、がん性疼痛看護1名、新生児集中ケア1名の認定看護師が活躍中です。
 当院には、認定看護師養成の奨学金制度があります。また、研修中は、有給での受講となり、病院全体として支援する体制が整っています。

>>認定看護師の活動

医療安全推進室専従

 医療安全推進室は病院内の安全に関わること全般について、調査や討議をし、決定する病院長直属の組織です。医療安全に関する研修を修了した看護師が、専従で配置され、インシデント事例の収集、分析、事故発生時の対応、事故防止対策の検討、職員への周知、啓蒙、職員研修の企画等々医療安全に関わる問題に積極的に取り組んでいます。

居宅介護支援事業所

 介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を有した看護師が、介護保険に関するご相談に対応しています。介護保険の利用、退院後の自宅での療養生活への不安、ケアプランの作成、住宅改修、ベッドなどのレンタル等々介護に関する相談に応じ、患者さま、ご家族のお力になれるよう努めています。

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red Cross Language Service Volunteers Web Services.