看護部の教育・支援体制

 社会の変化や医療の進歩に伴い、各人のQOLを念頭においたチーム医療としての看護の質向上が求められています。このような時代に即応した看護を提供するために、今まで以上に看護技術の向上・科学的根拠に基づいた判断・専門性への育成をめざしています。
  院内の看護教育プログラムには、新人看護師を対象とした基本的看護技術の演習・フィジカルアセスメント・緊急時の看護・臨終時の看護・多重課題・交流研修などを実施しています。更に、看護職員の成長に合わせて、看護過程演習・プリセプター育成・リーダー育成・看護研究・院内IVナース養成・専門領域セミナーを企画実施しています。
  赤十字の医療施設で導入している「赤十字医療施設キャリア開発システム」に基づき、キャリア開発を支援しています。

 

   → 仙台赤十字病院キャリア開発システム図

   → 研修風景

 

 また、院外研修(各看護学会、各種研修会・講習会等)への積極的な参加はもとより、専門看護師、認定看護師等をめざす看護師の奨学金等の支援制度を整えて、個々のキャリアアップをサポートする制度を整えています。
  これらの研修を通して、ケアの対象である人間を理解し深めていくことができるようまた看護専門職として自己能力の啓発ができることを期待しています。

 

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red Cross Language Service Volunteers Web Services.