看護部の理念

患者さんを尊重し、確実で丁寧な看護の実践

看護部の目的

赤十字の理念に基づき、看護の専門職業人として、
時代に即応した質の高い看護サービスを提供する。

看護部の目標

  1. 看護部門の組織・機構の円滑な運用をはかり、病院における看護部の役割と機能が十分発揮できるように努める。
  2. 療養環境を整え、対象の個々に対して、継続的で個別的な看護サービスを提供する。
  3. 対象に安全で効果的な看護サービスが提供できるよう、最良の看護体制を整える。
  4. 医療チームの一員として、他部門と協力、協調し、診療や看護業務が円滑に行われるように努める。
  5. 診療および看護に伴う事故の防止に努め、安全な看護サービスを提供する。
  6. 医療・看護の動向に目を向け、専門職業人としての能力開発に努め、看護の質の向上を図る。
  7. 職場の活性化を図り、魅力ある職場づくりに努め、モラールの高揚を図る。
  8. 赤十字に関する認識を深め、国内・国外における赤十字活動に協力する。
  9. 看護学生に実習の場を提供し、教育施設の教育方針に基づいて指導し、教育効果が得られるよう協力する。

 

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red Cross Language Service Volunteers Web Services.