認定看護師リレー・検査の話

がん化学療法看護認定看護師   土井陽子

当院7階の内科病棟で主に血液内科・呼吸器内科の患者様を担当しています。入院となり、抗がん剤治療を行う患者様やご家族の方は、いろいろな不安や悩み、思いを抱えています。患者様やご家族の気がかりなことは何か、常に患者様の視点で考え、よりよい看護ケアを提供していきたいと考えております。

 

検査の話⑪ 目の前がぐるぐる

暑~い夏が終わり快適な秋になりました。しかし、秋には台風そして近頃の異常気象。こんな時に目の前がぐるぐる……。

目の前がぐるぐる回る、頭がフワッとする、立ちくらみするなど、めまいにはいろいろな症状があります。突然症状が出て不安になることもあるでしょう。
めまいの原因には主に、貧血や血圧の変動や脈の乱れ、平衡感覚の異常、脳の異常などがありますが、その背景には生活習慣の乱れ・過労やストレス・心の問題などが潜んでいることも多いようです。扱うところは内科、脳神経科、耳鼻咽喉科など広範囲になります。

めまいで医療機関を受信すると「いつから?」「どのような感じの?」「聞こえは?」などと聞かれた後、ぐるぐるめまいの時など耳鼻科受診を勧められれるかも知れません。内科で採血、血圧の検査、心臓の検査など、脳神経科では脳MRIなど、耳鼻科では平衡機能検査を行います。平衡機能を担う重要な部分が三半規管、その三半規管は内耳という耳の一番奥にあり、隣には聴覚(聞こえ)のセンサーである蝸牛があります。従って耳鼻科では最初に聴力検査と目がまわっている様子を見る検査をまず行います。例えば有名なメニエール病は難聴・耳鳴りとぐるぐるが一緒に起きるのでこの検査で分かります。

もしめまいを起こし、目の疲れだけじゃないようでしたら当院にご相談ください。