診療科から

「えっ、麻酔って背中から注射するんですか?」

麻酔科部長 石井仁

 

 はい。当科で麻酔を担当する患者さんの3人中2人は、背中から局所麻酔の注射をされています。背中に注射なんて勘弁してほしい、と思われる方が多いことは承知の上で、背中の麻酔の話を聞いていただけたらと思います。

 一口に麻酔といっても、全身麻酔と局所麻酔は全く別のものです。全身麻酔は文字通り麻酔薬が血液中に入って全身を巡り、特に脳に作用して意識を失わせるものです。一方局所麻酔は脊髄や末梢の神経周囲の局所に麻酔薬を注射して感覚だけを消失させるもので、意識は保たれています。

 背中から注射する麻酔は①脊椎麻酔(正確には脊髄くも膜下麻酔といいますが、下半身麻酔と呼ぶこともあります)と②硬膜外麻酔に分けられます。この2つの違いは薬を注入する場所の違いで、脊椎麻酔は背骨の中を通っている脊髄のすぐ近く(くも膜下腔といいます)に薬を注射します。一方、硬膜外麻酔は脊髄を覆っている硬膜の外側に麻酔薬や細いカテーテルを入れる方法です(図1)。硬膜の内側に薬を入れるのが脊椎麻酔、外側に入るのが硬膜外麻酔だと思ってください。どちらも直接脊髄や神経に針を刺して注射するわけではありません。

 脊椎麻酔は効き目が強く長く続きます。下腹部から下の手術の麻酔に適しています。全身麻酔に比べて呼吸や循環への影響が比較的小さく、重い合併症を持った患者さんにも安全に行えるとされています。

 硬膜外麻酔は効果や持続は脊椎麻酔に劣りますが、細いカテーテルを背中に入れたままにして何度でも麻酔を追加することができます。全身麻酔や脊椎麻酔の補助として使用します。また術後の鎮痛法としてとても優れた方法で、胸部から足先までのどの場所にも効かせることができます。

 麻酔科ではこのような局所麻酔の長所を生かして、できるだけ患者さんの体に負担が少なく、術後を楽に過ごせるような麻酔法を選ぶようにしています。
「でも背中の注射って痛いんでしょう?」もっともなご心配です。目の前で腕から採血するのも結構痛いのに、まして目に見えない背中に針を刺されるのですから。また以前手術を受けた時に背中にとても痛い注射をされた憶えがある方もいらっしゃるでしょう。

 我々麻酔科医は極細の注射針で脊椎麻酔や硬膜外麻酔をする場所にあらかじめ痛み止めを注射してから麻酔を始めます。全然痛くないと言ったら嘘になりますが、冷汗が出るほど痛くもないと思います。採血よりちょっと痛い程度で、少し時間がかかると思ってください。
怖い背中の麻酔がなるべく早く済むように、皆様にもご協力をお願いいたします。麻酔中の姿勢は真横向きに寝て、ご自分で両膝を両手で抱えるようにして、背中をできるだけ丸くして下さい(図2)。注射する場所がわかりやすくなって、麻酔がスムーズに行えます。

 残念ながら麻酔が大変難しい方もいます。肥満の方は注射する場所が決めづらく、1回で麻酔が成功する確率は低くなってしまいます。ご高齢で背骨が変形している方も麻酔が困難です。このような場合はレントゲン透視装置などを使って確実に局所麻酔を行うようにしています。
背中の麻酔について知っていただくことで、皆様の恐怖心が少しでも減ることを願ってペンを置きたいと思います。

(図の説明)

図1.
脊髄と硬膜の間のくも膜下腔に注射するのが脊椎麻酔、
硬膜の外側に注射するのが硬膜外麻酔(図は硬膜外麻酔をしているところ)

 

図2.
麻酔中の姿勢は真横向きに寝て、両手で両膝を抱え込んで背中を丸くすると成功しやすい