ふれあい箱(患者さんの声)・研修医リレー

ふれあい箱(患者さんの声)

(声)
  半年ぶりの検査で来て、売店向井のトイレが新しく快適なのにはびっくりいたしました。私はとても喜ばしいことだと思いました。ただ、まわりの方々をみていると、ある程度の年齢以上の方や、目が不自由な方にとっては、「ドアの開閉がかわらない」、「カギがどこにあるかわからない」、「使用中にドアを閉めたつもりだった」など、お困りの方をたくさん見かけました。年齢(高齢者)対応のトイレが必要だと感じました。よろしく、ご配慮ください。

(回答)
ドア付近の説明書  当院では平成24年度にトイレ改修工事を行い、その結果、患者さんから好評を得ております。
 高齢者の方や目のご不自由な方は、ドアの取り扱いが分かりづらいとのことですが、確かに初めて入る方はドアの形状がアーチ型ドアに変わったことで、開閉に少々戸惑いがあるかと存じますが、使用して慣れますとトイレから出る時にはドアが邪魔にならず、広く開いてとても便利に感じると思います。トイレの中のカギが付いている場所やドアの所には、使用の説明書が貼ってありますので、それをご覧の上、使用していただきたく存じます。それでも難しい場合は、多目的トイレ(車椅子用トイレ)をご使用いただければ幸いです。
 現在の建物の構造を考えて、広くかつ安全に使用していただける最適のものを考えて改修しましたので、ご事情ご賢察のうえ、ご理解の程よろしくお願い申し上げあげます。

 

ふれあい箱にお言葉をいただきました。

時間で予約で(原文ママ)、来院しても、中に入って、更に待ち時間あり、先生方がキツすぎる。
説明は判りましたが、勝手にベラベラ話し、もう少し、一般人にわかるような言い方をした方が良い。名医と聞いたが、あまり大したことはなかった。
個人病院の方がしっかりした対応をとってくれる。
二度とこちらには来院しませんし、友人・身内にも紹介しません。
病院自体、が、良くない!!
知人の医師会の方にも話します。

研修医リレー

初期研修医 伊藤 俊輔

 初期研修医1年目の伊藤俊輔と申します。出身地の宮城県で働きたいと考え、4月から当院の内科系の病棟で主に研修をしています。まだまだわからないことだらけで学ぶことの多い日々です。多くの症例を経験し、手技や知識を身に付け、患者さんからも医療スタッフの方々からも信頼される医師になりたいと思っております。