仙台赤十字病院広報誌-診療科から-整形外科

第一整形外科副部長 小池 洋一(こいけ よういち)

整形外科とは

 整形外科とは、人体の運動器の病気や外傷(ケガ)を取り扱う部門です。運動器とは、立つ、歩く、座る、ものをつかむ、といった日常の動作に不可欠な器官で、骨や関節、軟骨、筋肉、脊髄神経、末梢神経、じん帯、腱などを指します。整形外科医は、こうした運動器に生じたケガによる損傷や病気、先天性疾患を専門に診療を行います。整形外科の治療の大きな特徴は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能をできるだけ回復させることです。運動機能の回復が十分に得られない場合でも、リハビリテーションなどにより、残った機能を最大限に活用出来るようにすることは整形外科の大きな役割です。また関節や神経に起因する痛みの治療を行うことも整形外科の重要な仕事です。整形外科は”外科”と名前がついていますが、外科的な治療(手術療法)のみならず、手術以外の治療法(保存的治療)も行っています。患者さんの年齢や生活の状況、疾患の重症度に応じて最良の治療法が選択されることはいうまでもありません。

▲整形外科は、 骨や関節、軟骨、筋肉など、日常の動作に不可欠な器官(運動器)におこるケガや病気を対象とした診療科です

仙台赤十字病院整形外科の特徴

 当科では、北純副院長を中心として股関節・膝関節・足部など下肢全体と肩関節の病気、小児の疾患やスポーツ障害、骨折脱臼などのケガを対象に診療を行っており、長年の実績に基づいた専門的な知識・技術を提供しています。対象は新生児、小児から成人、高齢者まで幅広く、内科、小児科、放射線科、麻酔科、手術室、リハビリテーション部の協力の基に診療を行っております。最近では多くの膝・肩関節手術が関節鏡(関節の内視鏡)を用いて行われています。高齢の方々に多い骨粗鬆症(骨がもろくなり折れやすくなる病気)については、近隣の内科系クリニックとの診療連携を通して検査と治療の普及に努めています。

▲変形性股関節症(左図矢印)に対する人工股関節全置換術(右図)

さいごに

 当科では、外傷等で救急搬送される患者さん以外は、外来・手術など一人一人の患者さんに正しく十分な診療を行うために、予約診療を基本としております。運動器疾患で困っていらっしゃる患者さんのご希望にできる限りお応えしたいと努力しておりますが、マンパワーに限界があるのが実情です。予約外の診療には対処できない場合があることを、何卒ご容赦ください。

 

整形外科ページへ>>
トップページへ>>