仙台赤十字病院広報誌-診療科から-循環器内科

循環器内科副部長 若山 美奈子(わかやま みなこ)

 循環器内科とは、心臓とそれに繋がる血管、血圧などを取り扱う診療科です。循環器分野にはいろいろな病気があるのですが、今回は有名スポーツ選手の突然死や天皇陛下が罹患されたことでも話題になった虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)について説明します。

 心臓は1日に約10万回も収縮と拡張を繰り返し、全身に血液を送り出し、全身に酸素と栄養を与えるポンプのような役割をしています。心臓の大きさは人間の握りこぶしほどで、全体が筋肉(心筋)でできています。心臓を養っている動脈が冠状動脈(冠動脈)です。冠状に心臓を取り囲んでいることからその名がつきました。冠動脈は左冠動脈、右冠動脈の左右2本に分かれ、そこから細かく枝分かれし心臓全体を覆い、心臓の筋肉に酸素や栄養を与えています。(図1)

図1
診療科から

 その冠動脈が動脈硬化などが原因で狭くなると、心筋に送り込まれる血液が不足して胸が痛くなります。これが狭心症です。さらに動脈硬化が進み冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を心筋梗塞と呼びます。狭心症も心筋梗塞も、冠動脈の狭窄や閉塞により心筋に血液が行かないこと(虚血)が原因なので、虚血性心疾患と呼ばれます。

 症状は、胸の中央からみぞおちにかけて広い範囲で「息が詰まるような」「しめつけられるような」「圧迫されるような」痛みを感じます。左肩や左腕、アゴに痛みが放散することもあります。狭心症の場合、持続時間は比較的短く、数十秒から数分で消失することがほとんどです。強い胸痛が30分以上持続する場合は心筋梗塞が疑われます。

 どういう状況で起こるかというと、労作時、食中食後、喫煙時、急に寒いところに出たときなどに出現しやすくなります。図2は狭心症の特徴を捉えた有名なイラストなのですが、小太りの男性が、レストランで食事をした後、吹雪の中、重い荷物を持って階段を上り、足もとには火のついた煙草、そして苦しそうに胸をおさえています。図の中の右下のイラストの赤い部分は一般的に狭心症で痛む場所といわれています。このほか、喉や下顎に放散する痛みもあります。

図2
診療科から

 虚血性心疾患になりやすい人はどういう人かというと、①血圧の高い人②コレステロールや中性脂肪の高い人③糖尿病の人④喫煙者⑤肥満⑥家族に虚血性心疾患患者がいる人⑦ストレスの多い人、などがあげられます。これらのひとつひとつを冠動脈危険因子といいますが、危険因子の数が多ければ多いほど、虚血性心疾患に気をつけなければいけないということになります。そして危険因子のほとんどが生活習慣病といわれるものであり、生活習慣の改善による予防がとても重要ということになります。

 虚血性心疾患は、早期に発見し適切な治療を行えば良い結果になります。。しかし、病気の進行に気づかなかったり、そのままにしておくと生命に関わる重篤な事態になりかねません。胸に痛みや違和感を感じるようになったら、できるだけ早く循環器内科を受診してください。また、健康診断の胸部レントゲンや心電図で異常が見つかった場合や、冠動脈危険因子の多い人は、たとえ症状がなくても循環器内科を受診することをお勧めします。

 

循環器内科ページへ>>
トップページへ>>