かがやき学級・院内あれこれ等

かがやき学級

 小学校2年生の和久井 柾弥くんが生活科のまとめの学習として、これまでの自分の成長の様子を振り返り、「おもいでアルバム」作りをしました。その中から、「四さいのころ」と「一年生のころ」のページを紹介します。

「四さいのころ」
  ぼくが四さいのとき、いもうとが生まれてうれしかったです。今は、けんかをすることもあるけど、すぐになかなおりをします。
  このえは、ぼくがいもうとをだっこしているところです。いもうとを見て、ぼくも0さいのとき、こんなだったのかなあと思いました。

「一年生のころ」
  入学しきのとき、ともだちができるかなあとしんぱいしました。だけど、教室に入ったら、一しゅうかんでほとんどの男の子とともだちになれました。
  きゅう食もぜんぶ食べられるかなあと思ったけど、二年生になったらあまりすききらいをしなくなりました。
  三年生でもともだちがいっぱいできるといいなあと思っています。

作品

5年 星みのり 「夢の花畑」

院内あれこれ

院内あれこれ

平成21年2月3日(火)小児病棟で豆まきが行われました。元気いっぱいに紙で作った豆を投げる子もいれば、鬼の姿に泣き出してしまう子もいました。

院内あれこれ
平成21年2月10日(火)当院の顧問弁護士の水澤亜紀子先生より「医療従事者と患者・家族の相互理解と紛争防止のために医療従事者が行うべきこと・紛争事例および判例から」という題で、医療安全推進研修会が行われました。
院内あれこれ
平成21年3月24日(火)院内学級「かがやき学級」の修了式が行われました。