院内シミュレーション訓練

『防災訓練と緊急対応シミュレーション訓練』

 平成20年11月6日(木)消防訓練と緊急対応シミュレーション訓練が行われました。

  消防訓練は、5階から火災が発生したと想定し、出火確認から初期消火、避難まで実際に火災が発生したときと同じように非常放送が流れる中で行われました。訓練では職員が歩くことが出来る患者役、動くことが困難な患者役になり、それぞれ避難する患者を体験しました。

特に動くことが困難な患者役の職員は、火災が発生した時の移動と同じように担送の準備をされ、非常階段のスロープ使って下の階に避難します。慎重にかつ素早く安全な場所に避難するための重要な訓練です。
実際に訓練に参加した職員からは、サイレンの音に負けない患者さんへの声がけの必要性や、他の部署の応援が駆けつけるまでのやり取りなど、経験から浮かんだ問題点等も指摘されました。

  その後行われた緊急対応シミュレーション訓練は、防災センターに子どもを抱えた母親が飛び込んでくるという設定で行われました。緊急性が判断され、駆けつけた看護師長が緊急度の高さを判断し、院内に「レッドコールC」のアナウンスが流れます。それを聞いた医師や他の看護師が集まるまで、救急室では様々な処置が行われます。次々と職員が応援に駆けつけ、最後にNICU(新生児科)の医師が到着したところで、訓練は終了になりましたが、訓練後には参加した職員が自然と集まり物品の位置の確認や緊急時の機械の操作の仕方等の課題を話し合いました。

  災害等が起こらないことが一番ですが、いざというときに今回の訓練が役に立てられるよう備えを努めていきます。

文化祭

『創立84周年記念 第43回文化祭』

  平成20年10月21日(火)から24日(金)にかけて、創立84周年記念第43回文化祭が行われました。

  展示の会場となった大会議室には、病院の職員や家族、OB、地域サークルの方々の力作が揃いました。その他、フォトコンテストや、災害救護活動の紹介、病院の英会話サークルによるクイズなどのコーナーもあり、訪れた方々を楽しませていました。

催し物は、22日(水)に正面玄関ホールで日本ハーモニカ芸術協会仙台青葉支部の方々による『ハーモニカコンサート』が、大会議室では宮城県麗人会赤十字奉仕団の方々による『ビューティケア』の体験が行われました。

<第43回文化祭 お楽しみクイズのお礼と回答>

この度は、仙台赤十字病院職員互助会、「英会話サークルお楽しみクイズ」にご協 力していただき、誠にありがとうございました。おかげさまで、今年度は例年よりも多い 15名の解答がありました。深く感謝しております。結果は全員が満点でした。当英会話サークルでは、このように基本的な日常会話を中心に勉強しております。病院での必要会話はもとより、旅行、ショッピング、挨拶、道案内などすぐに使える英語です。つきましては、下記に本年度の問題と解答を掲載いたします。何かの参考にしていただければ幸いです。

問題

日本文

① マジっすかぁ? マジかよ?
② 今日は一日まったりしていたい。 (ホテルなどにいって)「このまったり感がいいよね」
③ ダメもとでやってみたら。
④ 私はあなたのことをとても大切に思っています。
⑤ 彼の行動は想定内だった。

英文

a) His move was within my expectations.
b) You have nothing to lose. Why don't you try?
c) I care about you very much.
d) Are you serious? Is this true?
e) I want to spend all day just relax. I like tihis relaxing atmosphere.

解答欄

①( d ) ②( e ) ③( b ) ④( c ) ⑤( a )