医療安全全国共同行動参加について

医療安全全国共同行動参加登録を行いました!

 平成20年10月28日(火)仙台赤十字病院は「医療安全全国共同行動」に参加する病院として登録を行いました。

  「医療安全全国共同行動」とは、平成20年5月から平成22年5月までの2年間を期限としたプロジェクトです。全国の病院や各種医療団体が8つの行動目標を共有し力を集結して取り組むことで、医療の質・安全の向上をめざしています。参加病院はただ単に行動目標に取り組むだけではなく、目に見える成果を達成することで、医療に対する患者さんや市民の皆様の信頼を高めることを目標としています。

 では、具体的にどのような目標があるかというと……

  1. 危険薬の誤投与防止
  2. 周術期肺塞栓症の防止
  3. 危険手技の安全な実施
  4. 医療関係感染症の防止
  5. 医療機器の安全な操作と管理
  6. 急変時の迅速対応
  7. 事例要因分析から改善へ
  8. 患者・市民の医療参加 

以上8つが行動目標として挙げられています。         

さて、冒頭で当院が「医療安全全国共同行動」に参加する病院として登録した、とお話ししましたが、このプロジェクトに賛同し、参加登録をするためには、この8つの行動目標のうち少なくとも1つを『取り組む目標』として掲げなければいけません。
当院では、8つの目標のうち、下記の3つを取り組んでいく目標とします。

  1. 危険薬の誤投与防止
  2. 危険手技の安全な実施
  3. 医療関連感染症の防止

 11月10日(月)に行われた報告会では、桃野院長が上記3つの目標を登録し、その目標を達成するためにこれから行動していくことを宣言しました。

  同時に、各目標ごとにチームが結成され、今後目標を達成していくためにどのように活動していくのかを報告しました。
では、そのチームについて、ご紹介しましょう!

  1『危険薬の誤投与防止』については『入院時持参薬安全推進チーム』
  2『危険手技の安全な実施』については『CVC(中心静脈カテーテル)安全推進チーム』
  3『医療関連感染症の防止』については『インフェクションコントロールチーム』『看護部感染対策委員会』

以上のチームが各目標の中心となって、安全と質を保証できる医療システムを目指していきます。よろしくお願いいたします。

赤十字講習会

幼児安全法短期講習会

日時: 平成21年2月5日(木)
13:30~15:00
場所: 仙台赤十字病院・正面玄関ホール
教材費等: 無料
※ 参加の受付を平成21年1月5日から開始します。
(当日参加も出来ます。直接会場にお越しください)
内容: こどもの一次救命処置(心配蘇生法・AEDを用いた除細動、気道異物除去)等
講習申込・問合せ先: 仙台赤十字病院看護部
TEL:(022)243-1111