診療科から

麻酔科のご紹介

麻酔科部長 石井(いしい) 仁(ひとし)

 「麻酔」という言葉を聞いたことがない方はおそらくいらっしゃらないでしょう。でも、「麻酔」って何?と尋ねられると、うまく答えるのはなかなかむずかしいのではないでしょうか。

  手術の際の痛みは無用の痛みです。また、手術は痛み以外にも身体に悪い影響を及ぼすことがあります。麻酔はもともとは手術時の痛みをとることから出発しました。しかし現在の麻酔は単なる痛みの除去だけでなく、手術による身体への悪影響を最小限度に食い止めて、患者様が無事に手術を乗り越えられるようにすること、すなわち手術中の全身状態の管理が重要な仕事になっています。そしてこうした仕事には高度な専門性が必要なことから、麻酔を専門に行う麻酔科が独立した診療科として認められています。

 手術の必要性や手術法を主治医が決定した後、麻酔科医は、患者様が果たして手術に耐えられるかどうか、無事に手術を終えるにはどうしたらいいかを考え手術にそなえます。手術中は執刀医が手術に専念できるよう、麻酔科医が患者様の状態を絶えず見守って何か起こればただちに処置をします。手術の終了後も麻酔科医は主として術後の痛みと呼吸の管理に主治医とともに取り組みます。

  麻酔の種類には、手術部位のみの痛みをとる局所麻酔と患者様の意識をとる全身麻酔の2つに大きく分けられます。

  麻酔科で行う局所麻酔は主に脊椎麻酔と硬膜外麻酔です。どちらも背骨の間に針を進めて、脊髄から出てくる神経の根元近くに局所麻酔薬を投与します。手術部位の感覚や運動は麻痺しますが、意識は保たれます。脊椎麻酔と硬膜外麻酔では麻酔薬の作用する場所が少し異なるのですが、それ以上に大きな違いは、硬膜外麻酔では背骨の間から細い管を挿入してここから麻酔薬を投与するので、安全に繰り返し麻酔薬が追加できる点です。この特徴を利用して術後の痛みやその他の慢性の痛みの治療にも用いられています。

  ただし、この管が正しい位置になければいくら麻酔薬を投与しても麻酔の効果は現れません。当科では硬膜外麻酔を行った場合、全例でレントゲン撮影により管の位置を確認し、確実に効果が得られるようにしています。

  一方、全身麻酔は麻酔ガスや点滴注射用の麻酔薬を投与して、手術の間、意識が無く痛みを感じない状態にする方法です。患者様にとっては眠っている間に手術が終わるという感じです。全身麻酔の間は、筋肉の緊張をとるために薬を投与しますので、口から気管にチューブを入れて(気管挿管といいます)、人工呼吸で呼吸を補助します。全身麻酔は全例麻酔科医が行います。

  当科では、効果が早くて確実な脊椎麻酔と追加投与が可能な硬膜外麻酔を組み合わせて長時間の手術に対応したり、全身麻酔と硬膜外麻酔を組み合わせて全身麻酔から意識が回復しても痛みのない快適な目覚めが訪れるよう努めています。

  ところで、当院では手術室で全身麻酔時に救急救命士が気管挿管を行う実習を受け入れています。救急救命士は生命が危険な状態にある傷病者に対して、薬剤投与や気管挿管を含む高度な救急救命処置を行うことができますが、その前に医療機関において、医師の指導のもと一定の経験を積む必要があるためです。救急救命士の指導に当たるのは、気管挿管にもっとも熟練した麻酔科の医師で、患者様の安全性は確保されています。救急の現場で働く救急救命士の能力を高めることは、地域の救急医療の向上のためにぜひとも必要なことだと思います。どうか皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

  現在麻酔科のスタッフは4名で、ほぼ一日中手術室で麻酔の管理にあたっています。当院の年間総手術件数は平成19年度で約2,900件、このうち麻酔科で麻酔を担当したのは約2100件でした。ここ5年ほどは麻酔科の担当症例数は2100~2200件ほどで、順調に推移しています。今後、さらなる医療の質の向上と手術件数の増加を目指し、当院で手術を希望される患者様により良い医療を提供していきたいと考えています。