院内あれこれ

10月5日(金)
かがやき学級(院内学級)で終業式が行われ、児童が1学期に頑張ったことことを大きな声で発表しました。
10月11日(木)
かがやき学級(院内学級)で始業式が行われました。校長先生の代わりに教頭先生が2学期に向けてお話をされました。
10月18日(木)
永年勤続職員表彰式が行われました。
10月23日(火)
向山幼稚園の園児が、収穫感謝礼拝に果物を届けてくれました。
(収穫感謝の由来は、北アメリカに上陸した清教徒たちがインディアンからもらった種子を育てて豊かな収穫を得たことに感謝し、礼拝を捧げたことから始まりました)
11月6日(火)
夜間火災を想定した消防訓練が行われました。
火災時の連絡、消火、避難誘導の訓練の他、実際に消火器を使用した初期消火訓練も行いました。
11月16日(金)
職員行事のボウリング大会が行われました。
12月3日(月)~26日(水)まで
正面玄関ホールにクリスマスツリーが飾られました。
12月12日(水)
正面玄関ホールで、八木山小学校合唱団の児童が、クリスマスコンサートを行いました。
かがやき学級
院内あれこれ

平和な鳥の世界(6年 児童) いろいろな顔のお面
ねこ(4年児童)
いろいろな顔のお面
かまきり(4年児童)

表紙の言葉

 榴ヶ岡天満宮は、学問・政治の神様菅原道真公(天満大自在天神)を祭神とし、平安時代の974年に現在の京都府、山城国に創建され、平将春が陸奥国宇多郡(現福島県)に勧請し、その後、宮城県の柴田郡川内村(現川崎町)に遷座しました。1551年に現東照宮に遷座し、伊達政宗公が仙台城を造営するため、境内の樹木を用いたことから、報祭として1611年丹塗りの社殿が造営されました。その後、1650年徳川幕府の命令により東照宮建立のため境内地東側に遷座し、更に1667年三代伊達綱宗が現在地の榴ヶ岡に丹塗りの社殿と唐門を造営しました。同年、丹塗りの唐門を残して社殿を焼失。今の社殿はその頃の再建で、唐門は、市指定文化財になっています。杜の都の天神様として親しまれ「かちてん守」をはじめ合格祈願の絵馬やお守りが数多くあります。

編集後記

リハビリテーション課長 永井(ながい) 淳一(じゅんいち)

新年あけましておめでとうございます。
皆様には、良いお年をおむかえのこととお喜び申し上げます。
さて、寒い冬は体を動かすのが億劫になってしまい、「暖かくなってから」とおっしゃるかたが多くいらっしゃいます。暖かくなってからですと、鈍った体をほぐしている内に暑い夏になってしまい、「涼しくなってから」と言う事になってしまいます。
冬場は、暖かい部屋でストレッチングや全身運動を行い、春に備えましょう。
メタボリックシンドロームは大丈夫ですか?