◆消防訓練
  11月19日(水)に夜間を想定し、5階B病棟(外科・整形外科)を出火場所として、消防訓練を実施いたしました。毎年の実施ですが、担当した病棟や参加した職員は防火の重要性を改めて再確認し、今後の教訓となりました。
 
◆仙台市立南小泉中学校体験学習

  11月12日(水)、南小泉中学校12名の生徒さんが当院を訪問、4病棟にて仕事の話や医療器具や血圧の計り方をきいたり、患者さんと接し洗髪やベットメーキングの体験に試み、将来の夢に向けて有意義な体験活動になったようです。

 
◆宮城県第二女子高等学校職場訪問

12月12日(金)、宮城県第二女子高等学校2名が当院を職場訪問しました。外科の先生や看護師さんより医療や仕事の話を聞き、将来の進路を決めるうえでの足がかりになったようです。

 
◆ふれあい学級
学習発表会
  楽器演奏や研究発表と、古典落語の「じゅげむ」を披露しました。長いせりふをしっかり覚えて最後まで言うことができました。

◆文化祭
 創立79周年記念行事の一環として、11月18日(火)〜21日(金)の4日間文化祭が開催されました。職員、職員OBや家族、地域のサークルの皆さん達の芸術作品、かがやき学級や小児病棟の子ども達の作品が展示され、またバザー、オークションも実施されました。バザー収益金27,101円はNHK海外たすけあい義援金に寄付いたしました。
◆クリスマスコンサート
 12月15日(月)、八木山小学校合唱団によるクリスマスコンサートが1階正面玄関ホールにて開催されました。子ども達の歌声は患者さんにとって、心の癒しになったようです。
◆クリスマスパーティー
 12月19日(金)、仙台エクセルホテル東急にて、職員互助会クリスマスパーティが開催されました。今年は当院ベストドレッサー賞や、エレクトーン演奏等で、大いに盛り上がりました。
◆院内学級
佐竹 美幸さん(12歳)のポエム
「子どもがえるの気持ち」
6A病棟入院
阿久津 飛翔君(8歳)の作品
「みんな大好き」
編集後記

 医療は専門性が高いため、患者様への医療情報の公開は難しいとされてきました。しかし現代社会は情報社会であり、病院機能を患者様に積極的に提供することが求められております。さらに情報を提供することにより、患者様の選択が容易になります。さらに他病院との比較・評価を受けることにより、当病院の医療水準の向上が期待されます。
 「RedCrossせんだい」は当病院の広報誌として、年4回発刊しております。今後も皆様に情報を分かりやすくお伝えし、更なる信頼を得てゆきたいと考えております。積極的なご支援を、よろしくお願い致します。

(中川國利)
■表紙の言葉

 表紙は、一階玄関口ビーにおいて開催された、年末恒例の八木山小学校合唱団によるクリスマスコンサートです。 クリスマスソングをはじめ、最近のヒット曲やハンドベルの演奏など全12曲がロビーに響きわたり、入院中の患者様や外来で通院されている患者様なども足を止め聴き入っていました。
 今年で10回目となりますが、また来年も澄切った歌声を聴かせていただければと思います。



(C)2000 The Japanese Red Cross Language Service Volunteers Web Services.