■花粉症                      調剤第一係長 福地 祐司
 くしゃみ、止まらない鼻水,日のかゆみ,といった不快な症状。暖かい春の訪れと共にやってくる花粉症の季節。日本人の約10人に1人が花粉症に罹っていて,今や“国民病”とも言われています。しかもこの数字は,毎年必ず発症する人の数.今は大丈夫な人でも,今後発症することもあり,油断は出来ません。
 2003年春のスギ花粉は,例年並かそれ以上の飛散が予想されています。本格的な花粉飛散の前に医師の診察と指導を受け,花粉が飛び始める前から“花粉症の薬”を飲み始めて予防しておくと,@症状の出始めが遅くなるA症状が軽くて済むB花粉シーズン中に強い薬を飲む量や回数が減る,などのメリットがあります。また,最近の薬は,昔の薬に比べ眠気などの副作用もかなり少なくなってきています。
 薬ではありませんが,花粉症に効果があるといわれている甜茶(てんちゃ)やシソ,ネトル(セイヨウイラクサ),ダイエット甘味料としても使われる羅漢果(らかんか)といったお茶やハーブなども簡単に入手することが出来ます。
薬ではないので十分な効果が得られるかは疑問ですが,症状を和らげるために毎日の生活に取り入れてみるのも手かも?



(C)2000 The Japanese Red Cross Language Service Volunteers Web Services.