◆豆まき会・ひなまつり会
 2月6日(水)、6階A病棟(小児病棟)で豆まき会が行われました。「鬼は外!福は内!」元気なかけ声で豆を鬼にぶつけ、病の鬼を追い出し、最後には鬼と友達になることができました。また、3月1日には、ひなまつり会が行われました。
 
◆勧奨退職者歓送会・壮行会
 3月20日(水)、勧奨退職の方々の歓送会が江陽グランドホテルにおいて盛大に開催されました。さらに3月29日には壮行会が行われ、多数の職員が参加して、当院発展のためにご尽力いただいたことに感謝し、新たなる出発を祈念いたしました。
 
◆新採用職員辞令交付式

4月1日(月)、新採用職員辞令交付式が行われ、小山院長より各自に辞令が手渡されました。また、交付式終了後、4月1日に着任した小山新院長が職員に就任の挨拶を述べられました。

 
◆新採用職員研修会
 4月1日(月)から、5日(金)までの5日間、各部門の講義やグループワークなど盛りだくさんの内容で新採用職員研修会が行われ、赤十字職員の第一歩を学びました。  
  
◆医療事故防止セミナー

 4月2日(火)、当院メディカルリスクマネージメント小委員会の委員が講師となって、医療事故防止セミナーが開催されました。ビデオ研修や医療事故防止の具体例等実践的な研修が行われ、医療事故防止ゼロを目指して、職員全員が一丸となって取り組むことを再認識しました。

◆観桜会
 4月18日(木)、エクセル東急において、職員互助会主催による観桜会が開催され、新採用職員の紹介が行われました。例年より早い桜の開花で、当日は残念ながらは葉桜となってしまいましたが、職員有志によるジャズバンドの見事な演奏や空手の演武等大いに盛り上がり、新採用職員を温かく迎えました。         
編集後記

 緑あざやかな日々、手島前院長をお見送りし、小山新院長が4月1日就任されて、私たち職員一同への挨拶が同日行われました。
 大学改革、機能評価に係わってこられたお立場から、組織の力は、それぞれが自分自身を評価し、組織の理念に基づいて目的、目標に到達するために行動、活動の方法を立て、その術を練っていくことである。なおかつ一人ひとりの職員が目的、方法論を熟知、認識してそのことについて全職員が共有することが目標の達成に不可欠である。ここ八木山から信頼される医療を提供していける方向に結集し歩んでいって欲しい。と私達個々人へのメッセージがありました。
 そこで、私は「Red Crossせんだい」の表紙に記された基本理念をじっと見つめました。
 このところ、外来部門をはじめ院内での模様替えも済みつつあります。新たな環境であたたかな心と確かな技術を持って、評価に値する自分自身の業務を再考したいと思っております。

(佐藤 幸子)
■表紙の言葉

 表紙の写真は、4月1日に行われた新採用職員辞令交付式の『誓いの言葉』の模様です。小山院長より一人ひとりに辞令が手渡された後、新採用者を代表して看護師の二瓶美由紀さんが新採用者としての決意と抱負を声高らかに述べられました。
 時はまさに桜の花満開の春一色。新しい活力を職場に吹き入れてくれるフレッシュマンのご活躍を心よりご期待申し上げます。
 『初心忘るべからず!』大切にしていきたいことわざです。

(小泉信男)


(C)2000 The Japanese Red Cross Language Service Volunteers Web Services.