産婦人科・専門外来のご紹介

産婦人科副部長  佐藤 多代(さとう かずよ)

「お産の日赤」のイメージが強い当科ですが、「産婦人科」の名称どおり、産科だけではなく婦人科も診療しております。
さらに、本年4月より専門外来を開設しました。「女性外来」という大雑把な名称ですが、あらゆる年代の女性の症状・相談にお応えしたく、このような名称にしています。主に以下の相談窓口としております。

*小児期・思春期の相談
  月経(生理)が来ない、周期がバラバラ、量が多い、痛みがひどい
  性器の形が気になる、妊娠したかも…、など

*妊娠前・妊娠中の相談(周産期遺伝カウンセリング)
  高齢妊娠、持病や内服薬の赤ちゃんへの影響、など
  (相談内容により、当院または他院での出生前診断を行います。)

*病気や健康に関する相談(遺伝カウンセリング)
  ご自身やご家族の病気・症状に関すること、遺伝するものなのか心配
 (相談内容により、検査・治療のため専門施設へ紹介することがあります。)

毎週火曜日午後、十分な診療時間をとるために完全予約制としております。
地域医療連携室経由(かかりつけ医からのご紹介)でご予約ください。かかりつけ医のない場合や小児・思春期の相談(ご本人・ご家族・学校職員から)は、平日(月~金曜日)の午後3時から午後5時までの間に産婦人科外来まで事前にお電話ください。

「何科を受診したらよいかわからない」「誰にも相談できない」ときの窓口として、ひとりで悩まずに、ぜひご相談ください。