部活動紹介・キャリア開発ラダー認定証授与式・ふれあい箱

部活動紹介

仙台赤十字病院フットサル部
当院フットサル部は、サッカー・フットサルの経験者、初心者問わず、医師、薬剤師、看護師、放射線技師、理学療法士、管理栄養士など、様々な職種から構成されています。年に1回開催される日赤スポーツ大会での優勝を目標に、年間を通して長町のフットサル施設で週に1回練習し、月に1回リーグ戦に参加するなど、活発に活動を行っています。
フットサルを通じて、体を動かして楽しみながら、院内・院外での交流を深めていきたいと思います。

(薬剤部 佐々木茂文)

 

赤十字医療施設キャリアラダー開発ラダー認定証授与式

平成29年3月22日、赤十字医療施設キャリアラダー開発ラダー認定証授与式が行われ、平成28年度に認定を受けた32名に増子看護部長より認定証が授与されました。
※ラダーとは「はしご」という意味があり、はしごを登るように、キャリアアップをするためのシステムをキャリアラダーといいます。

 

ふれあい箱

(声)
ここで出産した者です。赤ちゃん室?など、ちゃんと見ててくれたり、出産した日は1日あずかってもらえるので、すごく休めました。総合だからかもしれませんですが、個人病院と違って、お祝い食がすごくさみしい感じでした。(3人出産経験(有))もう少し華やかにしてもらえたら良かったのですが・・・でも食事以外は、赤ちゃんルームもあり、夜中の授乳も部屋でするのではなく、そこでできるので初産でも安心できました。あと、溶ける糸?が良かったです。抜糸をするのがすごく痛くて、抜糸をするまでイスに座ったりするのが、とても辛かったです。あと、点てきをする際に親を離すのは良くないと思います。親同伴希望。

(回答)
このたびは、ご意見を頂きありがとうございました。
現在のお祝い全のメニューは昨年7月に、何度も試作、試食を重ねた上でリニューアルし、提供されていただいております。お祝い膳がさびしいと感じられたとのご意見をいただき、メニューや味のみならず食器や盛り付けを工夫し華やかさを演出するなど、限られた予算の中ではありますが、今後更に検討して参ります。

点適時に、お子さんのそばにご家族がいれば、安心感が得られることは理解しておりますが、その反面で、甘えが出て処置が進まないことやお子さんの血管が見えづらく処置に時間を要することもございます。そのようなことから、安全に行うことを第一に考えて、お子さんをお預かりして実施していることをご理解いただくようお願いいたします。
今後も当院では皆様のご意見をただきながら、より良い環境になりますように努めて参りますので、お気づきの点がございましたら、ご指摘くださいますようお願いいたします。