院内日記・かがやき学級・編集後記・表紙豆知識

院内日記


<七夕飾り>
(7月22日~8月12日)
正面玄関ホールに七夕飾りを飾りました。
ボランティアの皆様が、
素敵な七夕飾りをデザインし作り上げ、
職員も時間を作って紙花をひとつひとつ手作りしました。

 
<病診連携のつどい>
(7月15日)
病院と地域の診療所の先生方との交流を深める、
病診療連携のつどいを行いました。

<医療接遇研修会を行いました>
(9月8日・9月20日)
職員の質と向上を目的に、
医療接遇の講師をお招きし、
研修会を行いました。
 
 
 

 

かがやき学級

院内学級の子どもたちが、八木山動物公園から来てくださった職員の方の「めだかのぼうけん」の話しを聞いて、描いたものです。

「くれよんのくろくん」の絵本を読んで、描いてみました
 

 

編集後記

史上最多41個のメダルを獲得したリオオリンピックもついに閉幕しました。
寝不足と闘いながら、選手たちの頑張りに多くの感動をもらいました。
東京オリンピックに向けて、また一歩一歩努力を積み重ね、活躍して欲しいと思います。

さて、当院広報誌も平成4年の創刊から24年が経ち記念すべき第100号目を迎えました。当時まだ産まれていない職員も今では多数在籍し、仙台赤十字病院歴史の長さを改めて感じます。
私達も更に地域の皆様に信頼されるよう一歩一歩努力を積み重ね頑張っていきたいと思います。

(総務企画課 松川 竜也)

 

表紙豆知識

<歴代の広報誌>
平成4年に創刊号が発行されて、今回でレッドクロスせんだいも100号を迎えました。創刊号から愛読されているという患者さんから声をかけられることもあり、今後も皆様に仙台赤十字病院を身近に感じていただけるような広報誌を作っていきたいと思います。