10月10日は何の日……?

10月10日は何の日でしょうか?

1964年(昭和39年)に行われた東京オリンピックの開会式が行われたことから、『体育の日』で祝日だったこともありますが、他にもたくさんの記念日となっています。
例えば、10月10日を横に倒すと「眉」と「目」の形に見えることから「目の愛護デー」、10月10日が「1010(千十・せんとお)」と読めることから「銭湯の日」、「10(じゅう)10(じゅう)」とお好み焼きを焼く音に聞こえることから「お好み焼きの日」等々、語呂合わせでたくさんの記念日となっている10月10日ですが、仙台赤十字病院では、ここ数年10月10日を「転(10・てん)倒(10・とう)予防の日」として、セミナーを行っています。

今年は、10月17日(月)に、仙台赤十字病院の正面玄関ホールと大会議室で行います。「転ばぬ先の杖」という言葉のように、セミナーで転ばないための「杖」をたくさん持ち帰ってもらえれば幸いです。

転倒予防セミナー

日時 平成28年10月17日(月)
10:00~12:00
場所 仙台赤十字病院 3階大会議室

10:00~11:00
各種相談・展示・測定
管理栄養士による「栄養相談」
薬剤師による「お薬相談」
ケアマネージャーによる「介護相談」
「介護用品展示コーナー」
「簡易骨密度測定」
※各種相談・骨密度測定は、先着10名程度となります。

11:00~11:30
「転倒予防について~骨折で寝たきりにならないために」
仙台赤十字病院
整形外科部長 大山 正瑞

11:30~
ロコモ体操実演(足腰を鍛える体操です)